あにせい 【アニメや漫画、声優を掘り下げていくブログ】

アニメや漫画、声優について個人的に好きなものを掘り下げていくブログ。ツイッターで話題のネタやイベントなどの情報も扱います。

漫画 アニメ

アニメ『亜人』の黒い幽霊【IBM】とは?かっこいいけど矛盾点あり!?

2016/09/11

アニメ『亜人』のIBMとは何?どんな形状なの?

IBMとはアニメ『亜人』のなかに出てくる黒い幽霊と呼ばれているものですよね。今回はそのIBMについて書いてみました。

僕は初めて亜人の漫画を読み終わった時には、一回では覚えきれなかったのでIBMとはなんなのかよくわかりませんでした。

(実際は漫画の中でちゃんと書かれているんですけど笑)僕のようにIBMがなにかわからない方もいると思います。

そこでまずは以下の文を読んでみてください。

黒い幽霊(Invisible Black Matter、略称IBM)「亜人」の操ることができる自身の分身のような存在。全身が包帯で巻かれた人のような姿をしており、単行本の表紙を飾るなどこの作品を象徴する重要な存在。科学的には屈折率が0パーセントの完全に透明な物質で構成されており、亜人同士にしかその姿を見ることはできないが、足あとは残るなど霊的な存在ではなく物質であるとされている。また人の体を一撃で引き裂くなど高い戦闘力を持っている。黒い幽霊の外見は、手足や頭の形状は亜人により多少異なるが、大まかなシルエットはいずれも酷似している。稀に羽が生えた空を飛ぶことが可能なものも存在している。亜人自身の肉体とは異なり、手足の欠損などは徐々に回復するが、殴打で粉砕された場合には砂のように崩れ回復しない。頭部を粉砕された場合には戦闘不能となってしまう。オグラによると、「黒い幽霊を構成する物質は極めて不安定で、『発生』と同時に『崩壊』が始まっている」ため、「1日に出現させることができるのは1、2体が限度で、中村慎也のように一度に複数の黒い幽霊を出現されられるのはかなり稀な事例」とのことである。雨に弱い。亜人の中でも黒い幽霊を操る者は「別種」「アドバンス」と呼称されている。また亜人だからといって全員が黒い幽霊を出せるわけではない模様。   

引用元 亜人 (漫画) -Wikipedia

http://www.ajin.net/story/ より引用

http://www.ajin.net/story/ より引用

 

さすがWikipediaさんですね。

IBMの正体がこれを読めば一発でわかります。

ですがこれを読んでもなお、いくつかの亜人やIBMへの疑問点が浮かんできます。

それをいくつか書いていきたいと思います。

亜人のIBMはかっこいい?矛盾点が実はある!? 

まず亜人のIBMがかっこいいかどうかですが、僕はかっこいいと思います。

漫画の中でも十分魅力的でかっこいいですが、亜人アニメでのIBMはぬるぬる動いてさらにかっこいいと感じました。

でも一般的には少し気味悪がられるかもしれない形状をしてますよね。まあかっこいいとか、かわいいなどは個人の感性なので、ここでは置いときます。

それでは亜人のIBMの矛盾点ですが、上の記述の通りIBMが物質なら人間はいくらでも感知のしようがあると思います。

目に見えないとしても、質量や音、匂いなどで感知できると思います。

ましてや、政府が後ろにいるのですからそういう科学技術はありそうな気がします。

また、物質ということなら、攻撃した人間の返り血でもついて位置がわかりそうなものです。

まあ漫画やアニメに真面目な議論をしてもしかたのない気もしますが笑。

漫画やアニメは楽しんだもの勝ちだと僕は思ってるので、みなさんも亜人を楽しみましょう!

(アイキャッチ画像について 出典元 corriente.top )

-漫画, アニメ